法令に基づいた見積もり・設計・施工 トータルにお任せ下さい! 消防用設備の工事

消防用設備の種類

消防用設備とは?

消防設備等は、火災を早期に発見し、通報することにより安全かつ円滑に避難するとともに、火災を初期の段階で消し止め、または消防隊の活動を効果的にするものであって、火災による被害の軽減を図るという消防の主要目的を達成するために不可欠なものです。


設置が必要な消防用設備

消火設備 警報設備
避難設備 消火活動上必要な設備
消火設備

消火器
消火器
みなさんご存知の消火器。
粉末、水系、ガス系の消火器があり、規模や用途、歩行距離によって設置されています。
屋内・屋外消火栓設備
屋内・屋外消火栓設備
火災を発見した人がボタンを押し、ホースを伸ばし放水し初期消火に役立てる設備です。
屋内にあるものと屋外にあるものがあります。
スプリンクラー設備・水噴霧設備
スプリンクラー設備
天井面に取り付けられたヘッドが熱を感知し、自動的にポンプから加圧された水がヘッドより散水される設備です。
水噴霧設備
スプリンクラーと同様に水を消火剤として使用し、スプリンクラーと違う点はヘッドから噴霧状に水が放射されます。
泡消火設備
泡消火設備
消火剤に泡を使用し、油火災等に有効なので駐車場やプラント等に多く用いられます。
ガス系消火設備
ガス系消火設備
駐車場、サーバー室、電気室等、水系の消火設備だと感電や機器の損傷の恐れがあるところに設置され、二酸化炭素、ハロンガス等ガスを使用するので注意が必要の場合があります。
粉末消火設備
粉末消火設備
粉末の消火剤を用い、ホースを伸ばして消火する移動式と、噴射ヘッドのある固定式の設備に分かれており、こちらもよく駐車場に用いられます。
動力消防ポンプ
動力消防ポンプ
エンジン付のポンプで水源から直接放水でき、可搬できるので消防ポンプ自動車につまれている場合があります。
二階までの建物であれば消火栓の替わりになることができます。
警報設備

自動火災報知設備
自動火災報知設備
こちらも多くの人が知っている設備。、熱や煙、炎等を自動的に感知し、ベル等で建物にいる人に火災を知らせる設備です。


ガス漏れ警報設備
ガス漏れ警報設備
ガス漏れを検知し、音響装置を作動させ周囲の人に知らせる設備です主に地階、準地下街とよばれる場所に設置されます。


漏電火災警報設備
漏電火災警報設備
主に木造の建物に用いられ、電気の漏電を感知し、知らせる設備です。
消防機関へ通報する火災報知設備
消防機関へ通報する火災報知設備
所轄の消防署等へ直接火災を知らせる設備、病院、老人ホームなどに多く設置されています。
非常警報設備
非常警報設備
火災を発見した人が起動装置(ボタン)を押して音響(ベル、サイレン)を鳴動させる設備です。規模が大きくなるとスピーカーから館内放送できる非常放送設備があります。
避難設備

避難器具
避難器具
火災により階段等、他に避難する手段がなくなった場合に使用します。
避難はしご、滑り台、救助袋、緩降機等があり、建物によって異なる設備が設置されています。
誘導灯及び誘導標識
誘導灯及び誘導標識
避難口を表すものには緑地に白文字、避難経路、通路等には白地に緑文字で方向示すシンボルが書かれた、標識や器具(非常時に内蔵電池で点灯)。階段に設置される階段通路誘導灯もあり、有効に避難を誘導する設備です。

消火活動上必要な施設

排煙設備
排煙設備
火災で発生した煙を屋外に強制的に排出する設備です。

連結散水設備・連結送水管
連結送水管
建物に配管が設置され消防ポンプ自動車が建物外に設けられた送水口から水を送り、ホースを接続し放水して消火する設備です。
連結散水設備
地下街の火災に対処する為、消防ポンプ自動車から圧送される水が設置されているヘッドから散水される設備です。
非常コンセント設備
非常コンセント設備
高層建築物や地下街等で火災が発生した場合に消防隊が使用する電源を供給する設備です。

設置工事の流れ

STEP.1 現地調査

設置状況や施工方法を確認します。
設計図書等がありましたらその場で資料として利用させていただきます。

STEP.2 設計&見積り

消防法に基づき各設備を設計しお客様のニーズにあったお見積りを作成します。

STEP.3 お打ち合わせ

スケジュール、施工方法等のお打ち合わせをします。

STEP.4 届出等

消防署への事前相談等、各設備の設置前に届出をします。

STEP.5 工事

安全等に十分に注意し、思いやりのある工事をモットーとし施工します。
お客様に工事完了のご確認をしていただき、使用方法のご説明をします。

STEP.6 届出&消防検査等

設置後の消防署への報告、消防署員による完成検査の立会い等を行います。

STEP.7 アフターフォロー

  設置後の点検維持管理を引き続きお任せください。

消防用設備の必要性

どんな時に設置や改修が必要なの?

施設の改装や既存設備の老朽化など、様々な場面で消防用設備の設置や改修が必要です。

設置や改修が必要な時

  • 点検で不具合箇所が出てきたので直したい。
  • 消防署員が査察にきて、改修が必要だと言われた。
  • 新しいテナントが入り、新たに必要な設備を設置しなければ
         ならなくなった。
  • 模様替えをしたので、追加で必要な箇所が増えた。
  • 経年劣化、落雷、水損等で機器が壊れてしまった。
  • 機器が古くなって交換部品が無くなった。
  • 設備が突然、誤作動した。

PAGE TOP

お問合せ